ビジネス掲示板

「区分所有オフィス®」を核とした、かつてない不動産戦略を提案。企業価値・事業継続性の向上に貢献する

株式会社ボルテックス

■事業の特徴/優位性

「区分所有オフィス®」のビジネスモデル化を業界に先駆けて実現したボルテックス。東京都心の商業地に建つ中規模オフィスビルをフロアごと、あるいは部屋ごとに分譲し、 極限までリスクを排除した商品「区分所有オフィス」として販売する。

~「区分所有オフィス®」の4大メリット~

①収益性:需給がタイトな中規模ビルは、市場競争による賃料下落が起きにくいため高い賃料を長期間維持しやすい。

②安定性:管理組合を組成し、長期修繕計画に基づき運用するため、 突発的な修繕コストを平準化できる。

③土地の価値:一定規模以上の土地は、開発用途が多岐にわたり価値が高いため、市場において高値で取引される。

④流動性:一棟ビルを小口化することで、単価は下がり購買層が拡がることで高い流動性を誇る独自のマーケットが形成されている。

■主な実績・数値

・第12回JNBニッポン新事業創出大賞 アントレプレナー部門 優秀賞受賞
・ジャパン・レジリエンス・アワード2016企業・産業部門 優秀賞受賞
・EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2014ジャパン候補者
・JVA ビジネスモデル活用特別賞受賞

書籍紹介:100年企業戦略: 「持たざる」から「持つ」経営へ 宮沢 文彦著

経営者必読!企業の永続を支える「100年企業戦略」とは会社の大きな使命の1つは、事業を継続させることです。日本には創業100年を超える長寿企業、「100年企業」が約3万社あります。これらの確固たる経営を続けている企業の共通点、それは安定したキャッシュフローを構築していること。

本書では、東京・都市圏の今後の展望、安定的収入源としての不動産賃貸業の魅力、「区分所有オフィス®」のメリットなどについて図解とともにわかりやすく解説しています。

■今後の注力テーマ

・大型オフィスビルの展開
・プライムエリアでの開発強化
・海外不動産の仕入れ
・不動産テック開発

■メッセージ (取締役兼COO 中野 哲浩)

ボルテックスは、「1社でも多くの100年企業を創出するために」という想いのもと、「区分所有オフィス」を活用した不動産戦略をお客様にご提供することで、本業に連動しない収益と売却可能な資産を確保し、事業の企業価値の向上と継続性の向上に資することを提唱しております。また、「何よりもフェアに」、「本質を追求」、「とにかく人づくり」という真っすぐな行動指針も有している会社です。私は、この真っすぐで元気なボルテックスを更に成長させることで、私自身も成長してまいりたく存じます。

■企業情報

株式会社ボルテックス
代表取締役社長 兼 CEO 宮沢 文彦
本社所在:東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム22F
会社設立:1999年4月
資本金:1億4084万円(2019年9月30日)
社員数:448名(2019年9月30日)
URL:https://www.vortex-net.com/

pagetop