ビジネス掲示板

家電、家具、衣料、時計宝飾、食品、酒、スポーツ用品、薬、化粧品まで品揃え19万点。御徒町のシンボルのディスカウントストア

株式会社多慶屋

■事業の特徴/優位性

・御徒町エリア一帯に8店舗(他に上野に1店舗)を構える大型ディスカウントストア

・「お買いものワンダーランド」をコンセプトに。「薄利でバラエティ」を重視し、「こんなところにこんなものが」を買い物の醍醐味に

・1947年の創業からちょうど70年。世界のディスカウントストアの先駆け的存在

・目利き力、専門性を強みに世界から商品をセレクト。高額商品も得意

■主な実績・数値

・家電、家具、衣料、時計宝飾、食品、酒、スポーツ用品、薬、化粧品など、取扱品数はおよそ19万点。「多慶屋に行けば何でも揃う」多彩な品揃え。直前期年商は250億円

・インバウンド需要拡大。ただし中国人向け拡販は30年前から注力。「銀聯カード」や「アリペイ」の導入は日本の小売業でも先駆け的存在

・一つの部門に依存せず、バランスよい売り上げ構成となっている

■今後の注力テーマ

「血の通った接客」を大切に、人間が販売する価値、リアル店舗を持っている意味を追求する。すでに買うものが決まっている「決め買い」はネットが有利とい えるが、顧客の潜在的な願望やニーズを掘り起こしつつ、消費を喚起していくスタイルは店舗ならではのもの。そのためにもスタッフのさらなる専門性向上を 図っていく■メッセージ

あらゆるジャンルの商品を、多種多彩に取り揃えているのが多慶屋の大きな特徴ですが、お客さまによって多慶屋のイメージを「お菓子の店」「ブランドの店」など、一面的に捉えられていることが少なくありません。

そこで、品数の豊富さとその専門性の高さを総合的に浸透させていかなくてはならないと考えています。特に家具は非常に注力している分野で実績もよく、定期的に大型の展示会なども開催していますので、是非一度ご来場ください。

またこれまでの完全自前主義だけにとどまらず、専門性の高い外部の方との売り場連携も進めています。

■企業情報

株式会社多慶屋
代表取締役社長 竹谷宗二
本社所在:東京都台東区台東4丁目33-2
会社設立:1951年12月(創業1947年)
資本金:2億円
社員数:389名
URL:https://takeya.co.jp/

pagetop